下肢静脈瘤は時間とともに進行します

下肢静脈瘤とは

静脈が風船状やコブ状に膨らんでしまう症状

下肢静脈瘤とは、下肢(足の部分)の静脈の血液の流れを司る弁に異常が起こり、心臓に送られるはずの血液が逆流してしまい、血管が溜まり、静脈が風船状やコブ状に膨らんでしまう症状のことです。

下肢静脈瘤は、日本人の実に10人に1人の割合で起こる病気であり、妊娠・出産を経験した女性にいたっては2人に1人の割合で起こるとも言われています。

下肢静脈瘤は罹患しても命に関わるような病気ではありませんが、足のだるさ、ふくらはぎなどのむくみ、こむら返り、皮膚が黒く変色するなどといった初期症状などがみられ、症状が進行すると皮膚が潰瘍を起こし、穴が開いて出血してしまうこともあります。

下肢静脈瘤の症状はごく初期であれば、生活習慣の改善やマッサージなどによって自分で治すこともできなくはありませんが、自然に治ることはありません。

そのため、少しでも気になる症状があらわれた場合は、下肢静脈瘤専門のクリニックでの受診をおすすめします。

足のコブ血管が一番多い症状

下肢静脈瘤はなぜできる?仕組みとメカニズムとは

逆流防止弁が機能障害を起こすことで発症

逆流防止弁が壊れることで発症

血管には、身体のすみずみへ血液を送るために活発に活動する「動脈」と、身体中に栄養素や酸素を送る役目を終えた血液を心臓に戻す「静脈」2種類が存在します。

下肢(足の部分)の静脈は、筋肉を収縮させる筋ポンプ作用によって血液を心臓まで戻していますが、重力の影響で血液が戻ってくることがないように、「静脈弁」と呼ばれる逆流防止弁によって血流をコントロールしています。

下肢静脈瘤は、この逆流防止弁が、老化・疲労といった原因によって機能障害を起こすことで発症します。

逆流した血液は血管の中に溜まり、コブ状の静脈瘤となって足にさまざまな支障をきたします。これが下肢静脈瘤の仕組みです。

下肢静脈瘤ができる原因とは

加齢・老化による体力の低下や筋力の衰え
加齢・老化による体力の低下、および筋力の衰えなどは、下肢静脈瘤が起こる主な原因のひとつです。具体的には50代前後から、下肢静脈瘤が起こる割合は上がってきます。
静脈内の逆流防止のための「静脈弁」は、コラーゲンおよび弾性線維で構成された軟部組織と呼ばれる強度の弱い組織であるため、年齢を重ねるほどに機能低下が起こり、下肢静脈瘤を発症しやすくなります。
下肢の筋ポンプ作用が低下してしまう原因となる立ち仕事
立ち仕事は、下肢静脈瘤の発症を招く原因のひとつです。長時間、立ち仕事を続けることによって、血液が重力によって下肢に逆流するのを防ぐために、「静脈弁」には仕事中、ずっと負担がかかることになります。

具体的には、以下のような職種が、下肢静脈瘤の原因となる可能性があります。

・美容師
・販売員
・調理師
・教師
・キャビンアテンダント
・その他、1日10時間以上の立ち仕事を行う職種
妊娠および出産などによる下肢静脈への負担
妊娠および出産などによる下肢静脈への負担は、下肢静脈瘤を罹患する原因として、特に女性の罹患率を大きく上げている要因となっています。妊娠および出産を経験した女性は、実に2人に1人の割合で罹患する可能性があるとされています。
また、妊娠の際には、ホルモンバランスの変化によって静脈が柔らかくなり、腹圧の上昇によっても「静脈弁」に負担がかかることになります。
※なお、妊娠の際にみられる静脈瘤は、例外的に自然に完治する可能性もあるため、出産を終えてから少なくとも半年程度は経過観察を行います。
両親などの血縁者に下肢静脈瘤を罹患した人がいる
下肢静脈瘤は、遺伝する性質を持っています。遺伝する可能性は、具体的には以下のような割合です。

・片親が下肢静脈瘤を発症している場合 → 罹患率50%
・両親ともに下肢静脈瘤を発症している場合 → 罹患率90%

なお、遺伝で発症する可能性のある方は、もともと「静脈弁」の機能が弱い場合があり、30代〜40代などの若い頃から発症する可能性があるため、注意が必要です。
重度の肥満による血行不良や、便秘などの腸の拡大による静脈圧迫
下肢静脈瘤は、重度の肥満によって血行が悪くなったり、便秘によって腸が拡大することで静脈を圧迫してしまったりする場合でも、症状を発症する可能性があります。

下肢静脈瘤の代表的な症状の分類と治療方法

下肢静脈瘤の代表的な症状については、以下があります。

・足の血管に瘤(コブ)がある
・足の血管がボコボコと浮き上がっている
・足の皮膚が黒ずんだり、色素沈着していたりする箇所がある
・足が疲れやすく、痛くなったり、だるくなったりする
・こむら返り(足がつること)が頻繁に起こる
・足の皮膚が潰瘍(やけどのような状態)になったり、出血がみられたりする

※これらのうち、ひとつでも気になる症状があれば、下肢静脈瘤の可能性があるため、当院までお気軽にご相談ください。

下肢静脈瘤の症状の分類

下肢静脈瘤には、「伏在型静脈瘤」「軽症静脈瘤」「陰部静脈瘤」などがあります。

伏在型(ふくざいがた)静脈瘤
大伏在静脈瘤(足首から太ももの内がわ)

大伏在静脈瘤
足首から太ももの内側にかけて発生する

大伏在静脈瘤(足首から太ももの内がわ)

大小伏在静脈瘤
ふくらはぎの後ろから膝の裏にかけて発生する

これらは、進行した場合には循環障害を起こす可能性があるため、手術が必要となります。

軽症静脈瘤
網目状静脈瘤/くもの巣状静脈瘤

網目状/クモの巣状
網目状やクモの巣状に、青白かったり、赤紫色になったりした血管が細く浮き上がってくる症状です。
軽症であるため、足への悪影響は強くありませんが、美容的に改善したいという場合には「硬化治療」によって治療することが可能です。
ただし、重症となり得る「伏在型静脈瘤」が合併していないか、念のために超音波検査を受けることをお勧めします。

その他

陰部静脈瘤
妊娠・出産を経験する女性にみられる、ホルモンバランスの変化によって起こる下肢静脈瘤の分類です。

・陰部周辺に静脈瘤ができる
・生理になると足が重くなる
・生理時に足の痛みが起こる

といった特徴がありますが、この症状は例外的に、出産後に症状が自然治癒する可能性があるため、出産後半年ほど、経過観察を行います。
それでも「陰部静脈瘤」の症状に改善が見られない場合には、「硬化治療」によって静脈瘤を解消していきます。

陰部静脈瘤

下肢静脈瘤の検査方法とは

専任の医師が超音波検査を行います

川越下肢静脈瘤クリニックでは、最新の技術である超音波検査(エコー検査)による確定診断を行います。

超音波検査の手順は以下のとおりです。

・皮膚にゼリーを塗る
・体の表面から静脈を調べる
・検査は10分程度で完了し、痛みはない

下肢静脈瘤の検査

超音波検査は下肢静脈瘤を専門とする熟練した医師が対応する必要がありますが、当院では血管外科の専門医が担当しますので、安心して検査をお受けいただくことができます。

なお、昔ながらの下肢静脈瘤検査として、「静脈造影」と呼ばれる、注射やレントゲンでの造影が必要な、身体に負担の大きい検査方法がありますが、当院では最新の「超音波検査」をメインとしていますので、その点もご安心ください。

下の電話番号をタッチしてお電話ください
049-225-1199