受診時のご質問

下肢静脈瘤の症状の診断を受けるとき、クリニック予約は必要ですか?
川越下肢静脈瘤クリニックでは、予約優先制となっております。ただし、お電話でのご予約が難しい方や、症状が急につらくなってきた方などが来院なされることも考えて、予約無しでもできる限りの対応を行っております。
下肢静脈瘤の治療では、健康保険証は利用できますか?
川越下肢静脈瘤クリニックでならば、すべての予防・治療および手術などで、健康保険証による保険適用が可能となっています。自由診療となるのは特別な場合を除き、ほとんどございませんのでご安心ください。
下肢静脈瘤なのかどうか自分ではわかりませんが、初期症状には、どのようなものがありますか?
下肢静脈瘤の初期症状は、足のむくみ、血管のボコボコ、ふくらはぎのこむら返り、痛みが気になるといったケースなど、明らかな静脈瘤による血管のコブが見られなくても静脈弁機能不全が起こっているケースもあります。

詳しくは症状の一覧ページ を確認いただき、一つでも気になる症状があればご相談ください。
高齢ですが、下肢静脈瘤の手術を受けられますか?
高齢であっても、ご自身の足で歩くことができれば、下肢静脈瘤の手術に年齢制限はございませんのでご安心ください。

ただし、以下のようなケースでは下肢静脈瘤の手術ではなく、硬化治療というお身体に負担が少ない施術をおすすめする場合もあります。

・健康状態で不安な点がある方
・内服しているお薬の種類が手術に適さない方

いずれにせよ、来院いただければ、その方にあった最適な下肢静脈瘤の治療方法をご提案させていただきます。
下肢静脈瘤の診断では、初診の場合は紹介状が必要ですか?
川越下肢静脈瘤クリニックでは、初診の場合でも紹介状は特に必要ございませんのでご安心ください。なお、治療にかかる費用に関しても、紹介状あり・なしで費用が変わることなどもありません。
川越下肢静脈瘤クリニックの初診費用はいくらですか?
川越下肢静脈瘤クリニックの初診料は、健康保険適用されますので、例として以下をご参考ください。

・健康保険で1割負担の方の場合→初診料800円
・健康保険で3割負担の方の場合→初診料2,500円

なお、健康保険適用の場合の診察報酬は全国統一の費用となっています。そのため、保険診療を行う下肢静脈瘤のクリニックであれば、この費用はほとんど同じとなっています。
支払い方法は何がありますか?
川越下肢静脈瘤クリニックではクレジットカードを利用することはできません。現金のみの取扱になります。
費用詳細は費用についてのページをご参考ください。
川越下肢静脈瘤クリニックには駐車場はありますか?
川越下肢静脈瘤クリニックの専用駐車場はご用意がございませんのでご注意ください。なお、手術をお受けになる場合には、お車の運転を控えていただいておりますので、電車・バス・タクシーなどの交通機関をご利用になられますことをお勧めいたします。

静脈瘤と治療に関するご質問

下肢静脈瘤の原因にはどのようなものがありますか?
下肢静脈瘤は日本人の10人に1人(出産後の女性の場合は2人に1人)は発症しているとも言われており、女性に特に多い症状であるとされています。

下肢静脈瘤を発症しやすい方には、以下のような特徴があります。

・50代以降の方や、ご高齢の方
・長時間の立ち仕事に従事している方(※看護師、美容師、教師、販売員、警備員、キャビンアテンダントなど)
・妊娠および出産をご経験されている方(※特に、二人目以降の場合に多い)
・肥満気味の方
・ご両親が下肢静脈瘤を発症している方(※下肢静脈瘤は遺伝する可能性があり、両親が発症している場合は90%、片親が発症している場合は45%が発症すると言われています)
下肢静脈瘤は自然に治りますか?自分で治すこともできますか?
残念ながら、下肢静脈瘤は自然に治ることはありません。自分で治すことも、かなり軽度であれば日々の習慣を改善することによって可能な場合もありますが、やはり短期的に治したい場合は来院をお勧めします。

下肢静脈瘤は放置すると症状が進行し、以下のような重症となる場合もあります。

・血栓(血のかたまり)による炎症
・皮膚の色が黒ずんでしまう
・潰瘍で皮膚に穴があく

下肢静脈瘤に限ったことではなく、早期発見・早期治療が大切ですから、初期症状が気になった時点で、すぐに受診されるのがベストです。
下肢静脈瘤の受診回数をなるべく減らしたいのですが、初診日で治療は受けられますか?
川越下肢静脈瘤クリニックで初診当日に行えるのは、硬化治療および弾性ストッキング指導です。

ただし、最新の治療方法であるレーザー治療をご希望の場合、万全な準備をするため、以下の行程が必要となります

・術前に心電図および血液検査などの検査が必要
・検査結果が出るのは3日以降
・検査結果が出てから、来院いただいての施術

川越下肢静脈瘤クリニックでは、安全な施術をお届けするために上記の行程を行っておりますので、ご不便をおかけしますがご了承ください。
下肢静脈瘤の手術はどれくらい時間がかかるのでしょうか?
下肢静脈瘤の手術の種類として、硬化治療の場合は約10分、レーザー治療は約30分となっており、短い時間での施術となっていますのでご安心ください。

ご参考までに、レーザー治療での当日の滞在時間目安は、手術説明、準備などを含めて3時間程度を見ておいていただければ幸いです。
下肢静脈瘤の手術の翌日から仕事には行けますか?
下肢静脈瘤のレーザー治療の翌日は、足の包帯を外し、弾性ストッキングを履いていただくことでお仕事をすることは可能です。

ただし、術後は以下のような症状が出ることがあります。

・筋肉痛のような痛み
・内出血が発生する

そのため、短時間の歩行や、座っての事務仕事などは問題ありませんが、力仕事や長時間の立ち仕事は翌日お休みになられることをお勧めします。
下肢静脈瘤ではどんな麻酔を利用しますか?
川越下肢静脈瘤クリニックでのレーザー治療は、静脈麻酔・局所麻酔の併用となります。

・静脈麻酔→麻酔の効果により睡眠に入るため、手術は休んでいる間に終わる
・局所麻酔→手術の患部にも麻酔を行うため、痛みを感じることがない

なお、静脈麻酔に抵抗がある場合には、局所麻酔のみでの治療も可能です。
下肢静脈瘤の手術・治療費用はいくらかかりますか?
川越下肢静脈瘤クリニックでは、下肢静脈瘤の手術・治療費用はすべて保険診療となりますので、健康保険の負担割合に応じた全国統一の基準となっています。費用詳細は費用についてのページをご参考ください。
下肢静脈瘤は民間の医療保険も適用となりますか?治療費は支払われるのでしょうか?
最近では、民間の医療保険・生命保険会社でも、下肢静脈瘤のレーザー治療費を「手術給付金」として支給するケースが増えています。ただし、詳しくは各保険会社にお問い合わせいただくのがベストです。
昔、手術を受けた下肢静脈瘤が再発してきたのですが、治療はできますか?
川越下肢静脈瘤クリニックでは、他院での手術後の再発などにも対応しておりますのでご安心ください。再発の場合は、大きな静脈瘤は取り除かれているケースが多いため、負担の少ない硬化治療で解決できる場合がほとんどです。

ただし、初回の手術が不完全だった場合や、静脈瘤が大きい場合にはレーザー治療が必要となるケースもありますので、エコーでの血管の診断を行い、適切な治療方法をご提案いたします。
下肢静脈瘤の治療はどれくらいの期間で終わりますか?
下肢静脈瘤のレーザー治療の期間目安は以下となります。再診日程は厳密に決まっているわけではないため、ご都合に合わせて変更可能です。

・初診および各種検査
・初診から3日目以降(検査結果分かり次第)の手術
・手術後3日目までの経過観察
・1ヶ月後および3ヶ月後のエコー検査

なお、下肢静脈瘤の硬化治療ならば、初診当日に可能で、1日で日帰り治療ができます。
下肢静脈瘤は1回のレーザー治療で完治しますか?
欧米の最新論文によると、下肢静脈瘤のレーザー治療での再発率は約4%とされており、100人中96人が1回のレーザー治療で完治が可能となっています。

万が一、再発した場合でも追加治療によって完治は可能ですので、下肢静脈瘤の初期症状などに悩まされている方はお気軽にご相談ください。
下肢静脈瘤の治療は遠方からの受診も可能ですか?手術後に一人で帰れますか?
下肢静脈瘤の手術後は、足を圧迫する包帯を巻きます。

・一人で歩いたり、座席に座ったりすること
・電車やバスやタクシーなどの交通機関を一人で利用すること

などは、多少の足の窮屈さがある以外は、特に問題ありません。ただし、手術当日のお車の運転は避けていただくことを推奨しています。そのため、お車でお越しの場合は、運転してくださる方の同伴が必要です。
下の電話番号をタッチしてお電話ください
049-225-1199