Document

膝の痛み、諦めないでください

厚労省第二種再生医療認定機関

膝関節PRP療法

自身の血液を利用したあなた専用の膝関節治療法

両足16万円のところモニター価格

膝の痛み、諦めないでください

厚労省第二種再生医療認定機関

膝関節PRP療法

自身の血液を利用したあなた専用の膝関節治療法

両足16万円のところモニター価格

PRP療法とは

PRP療法とは

PRP療法とは、自分自身の血液から、遠心分離機を用いてPRP(多血小板血漿)を抽出し、膝関節内や靭帯に投与することで、膝の痛みを軽減させる治療方法です。PRPには「成長因子」と呼ばれる成分が含まれており、傷の修復作用があります。

また、PRP療法は、ご自身の血液から成分を抽出するため、副作用やアレルギーなどが起こるリスクが少なく、安全性の高い治療と言えます。そのため、多くの患者様に安心して施術をお受けいただいております。

こんなお悩みありませんか?

  • ・膝の痛み改善したい
  • 人工関節は避けたい
  • 変形性ひざ関節症と診断された
  • ・今の治療方法では満足いく効果を感じられない
  • 手術入院はしたくない
  • 安全性の高い治療を受けたい
  • ・できるだけ長期間の効果が欲しい

PRP療法の特徴

成長因子の働きで
膝痛の緩和+傷の修復

PRP療法は、成長因子が多く含まれる血小板を、膝関節に注入することで、膝の痛みを治す効果が期待できます。

PRPは、血液中の血小板という細胞成分を濃縮して生成されます。このPRPに含まれる「成長因子」は、痛みの緩和や膝の修復効果が見込まれることがわかっています。例えば、傷ができたときに血が止まり、自然と傷がふさがるのは、成長因子が多く含まれる血小板の働きのおかげです。このように、血小板は身体が本来持つ修復力をサポートするため、変形性膝関節症などに対しても、痛みの緩和や傷の修復効果が期待できます。そのため、PRP療法は、膝の痛みに悩む多くの患者様に受けられています。

プロスポーツ選手も
受けている治療方法

PRP療法は入院や手術が必要ないため、プロのスポーツ選手も受けています。
例えばメジャーリーグで活躍する日本人選手は、右肘靱帯の部分断裂という怪我をしたとき、手術ではなくPRP療法での治療を選んでいます。

これは、手術では復帰までおよそ1年かかるのに対し、PRP注射であれば、最短6週間での復帰が見込まれたからです。
PRP療法は根本的な改善ではなく、保存療法ではありますが、効果を早く感じられること、入院や手術が必要ないことなどが、一刻の猶予を争うプロ野球選手にとって、重要な判断基準になったと考えられます。その結果、7月に右肘の違和感を覚えてから、9月には試合に復帰されています。

このように、PRPを用いた施術は、高い効果をより早く実感することが期待できる治療方法です。

注射を打つだけの
手軽な治療

PRP療法は、患者様の血液を採取し、PRPを生成した上で、膝関節(関節腔内)に注入する治療です。注射を打つだけの施術ですので、手軽に受けられるのが特徴です。

はじめにカウンセリングや採血などを行い、血液を遠心分離機にかけ、PRPを抽出します。膝関節にPRP注射を打ち、施術は完了です。その後、効果を確認しながら、2〜3度治療を行う場合があります。PRP注射は、入院の必要がなく、比較的手軽にお受けいただけるため、多くの患者様に選ばれている治療です。

PRP注射の膝痛への
作用および効果

PRP注射には、膝の痛みを改善する効果が見込まれます。これは、PRP注射には、成長因子が豊富に含まれているからです。例えば、転んでしまったときには出血しますが、時間とともに血は止まり、痛みが引いて傷も綺麗に修復されます。これが成長因子の持つ、傷の修復・炎症の抑制作用です。

PRP注射を膝関節に注入することで、変形性膝関節症などの、膝軟骨のすり減りが原因の症状などに効果が期待できます。変形性膝関節症は、初期の場合はヒアルロン酸注射などで痛みを抑えることが可能ですが、症状が重度の場合には人工関節手術などが必要です。

ヒアルロン酸注射では痛みの軽減効果が薄れてきた、手術はできれば受けたくない、といった患者様に、第3の治療方法としてPRP療法は選ばれています。

PRP療法の適正
チェックリスト

PRP療法は、以下の項目に当てはまる患者様に適用されることが多いです。
ひとつでも当てはまる患者様は、受診をおすすめしております。

  • 人工関節置換術を受けるよう病院で言われた
  • 膝の痛みが5年以上続いている
  • ヒアルロン酸注射を受けたが効果が持続しない
  • 膝が痛いせいで外出するのが億劫
  • 寝返りをする際に痛みのせいで起きてしまう
  • 階段の上り下りが辛くなってきた
  • 膝が痛くて小走りするのも苦痛
  • 膝を動かすとつっぱったような感じがする
  • 膝を曲げるとゴリゴリと音がする
  • 膝によく水がたまる

特に、上から5つの項目に関しては、できるだけ早めに受診していただき、
医師にご相談いただくのが良いでしょう。

受診のご予約はこちら

049-225-1199

メールでお問い合わせ

PRP療法の流れ

PRP療法の流れ
  1. カウンセリング

    まずは、カウンセリングを受けていただきます。患者様の膝の状態を拝見し、症状などを確認します。
    必要に応じてレントゲン検査やMRI検査を受けて頂きます。他院で撮影したものがあればご持参ください。

  2. 採血

    PRP注射の適用が決定しましたら、採血を行います。

  3. PRP抽出

    遠心分離機を用いて、PRPを生成していきます。所要時間は20分程度です。

  4. 治療

    PRPを関節や腱に注入します。

  5. アフターケア

    施術が終わりましたら、術後の経過やアフターケアについてご説明します。
    PRP注射は、入院などの必要はありません。

PRP療法の費用

通常 片足 80,000円
両足 160,000円
モニター価格 片足 50,000円※両足の場合は片足のみモニター料金適応

※表示価格はすべて税抜です。

PRP療法の
良くあるご質問

  • PRP療法にはどのような効果がありますか?

    PRP療法には、個人差はありますが、炎症の抑制・痛みの軽減・関節機能の向上などの効果が見込まれます。PRPには、コラーゲンの産生・損傷修復に必要な細胞の呼び寄せ・細胞分裂を促進する働きなどがあります。これらの働きを通じて、術後の経過とともに膝の痛みを軽減したり、関節機能を向上したりする効果が期待できます。

  • PRPに含まれる成長因子とはどのような成分ですか?

    成長因子とは、タンパク質の総称のことで、細胞分裂を活性化させる働きがあります。関節炎などでダメージを受けた膝関節に注入することで、組織の修復促進が図られ、痛みを改善させる効果が見込まれます。さらに、成長因子にはコラーゲン産生を助ける働きもあるため、骨や血管の新生にも効果をもたらします。

  • PRP療法はどれくらいの時間がかかりますか?

    PRP注射は、カウンセリングから治療をお受けいただくまでに、およそ1~2時間程度お時間を頂戴します。お帰りのお時間がお決まりの場合には、ご予約時にあらかじめお申し出ください。

PRP療法の
注意点

PRP療法を受けられる場合は、
下記の点に注意してください。

  • ・治療当日は、激しい運動・飲酒・マッサージなど、治療部位に刺激になるような行為はお控えください。
  • ・治療当日は、湯船での入浴をお控えください。治療翌日から入浴が可能になります。
  • ・治療後数日間は、長時間の入浴・サウナ・運動・飲酒など、血流の良くなる活動をお控えください。
    痛みが強くなる可能性があります。

当クリニックが再生医療を行う理由

川越下肢静脈瘤PRPクリニック 院長 志村一馬

下肢静脈瘤の診療をしていると、膝の痛みでお困りの患者様がたくさんいらっしゃる事がわかりました。
膝の痛みの原因となる膝関節症も、下肢静脈瘤も、かかりやすい因子は①中年以降②女性③肥満です。
危険因子が一緒なので、膝と静脈瘤、両方でお困りの方が多いのは至極当然のことなのです。

変形性膝関節症の方は、そうでない方と比較して、約2倍、下肢静脈瘤を合併しているという報告1)や、軽度の変形性膝関節症であれば、下肢静脈瘤の治療を行うことで、膝の症状が和らぐという報告2)もあります。

実際に、下肢静脈瘤を治療することで膝の症状が和らぐ方は多く経験するのですが、膝の症状が残ってしまう方も、また、いらっしゃいます。

クリニックでは、人工膝関節置換術を行うことはできませんが、関節内注射は行うことができます。
クリニックでも、このような膝の症状でお困りの方を、PRP療法で治療して差し上げることが可能になるのではないかと考え、PRP療法を開始しました。

川越下肢静脈瘤膝関節PRPクリニック
 院長 志村 一馬

1)Lesnyak OM, Zubareva EV, Goncharova MG, et al: Lower extremity venous diseases in primary knee osteoarthritis. Ter Arkh 2017; 89: 53–59
2)大賀 勇輝 ,杉山 悟 ,松原 進 ,因來 泰彦1,松永 匡史 ,進藤 明: 下肢静脈瘤を合併した変形性膝関節症の膝関節症状に対する 下肢静脈瘤血管内焼灼術の改善効果. 静脈学2019; 30(3): 279–283

受診のご予約はこちら

049-225-1199

メールでお問い合わせ